アパレルのことなら!


人気ブランドでお仕事探し【アパレル派遣なび】

2007年06月01日

アパレルのこれから

アパレルとは、厳密に言えば、外衣類のことですが、Tシャツなどの下着類も含めて衣類全般をアパレルと呼んでいます。さらにアクセサリーのカテゴリーに入る帽子、ネクタイ、スカーフ、ハンカチーフ、手袋、鞄などもアパレル製品と考えられるのも、普通になってきています。


アパレルとは、どんどん膨れ上がっています。現在の日本のアパレルメーカーでは、平常着、よそ行き、礼服、下着、学生服、作業服など、用途が異なるものの分、メーカーも増えていきます。さらにそれらが季節別に分かれ、それに付随する小物、アクセサリーまでを含めると、アパレル産業はどんどん膨れ上がっています。


アパレルとは、その形態がどんどん変わっています。デパートや洋服の小売店での購入をする人が多かったですが、最近では車社会のために、郊外に大きな駐車場を備えたショッピングセンターを展開させているアパレルメーカーも出てきました。ここでの利点は、アクセスしやすく、さらに手ごろな値段で様々な種類の洋服を手に入れることができることです。


アパレルとは、これからも様々な形態が登場していきます。その中の一つがインターネットでの販売でしょう。小売店などが苦戦を続ける中で、広く普及したインターネットによって様々な形態のアパレルメーカーが登場して、細分化した消費者のニーズにも応えていけるかもしれません。





RSS関連リンク
中国の沿岸部の工場は、操業度
と異なり、まだ、急速な高齢化や人口の減少はない。消費意欲は、極めて旺盛な国です。貯蓄を後回しにしても、車、アパレル、住関連商品、食品を買う。寿司バーは、NYではもう、普通のものです。食品スーパーでも寿司ロールを売ります。ただし日本の

BSのTシャツ
すこぶるよくて、色落ちも目立たないし、首まわりもしっかりしていたので、自然と期待が高まる。今回、もらった商品は、アパレルメーカーのオンワード樫山が関わっているようだ。デザインはプロゴルファー宮里藍のシルエットに、タイヤ銘柄がプリントされているシンプルなもの。そういえば
posted by アパレル at 18:58| アパレル